「インファナル・アフェア 無間道/Infernal Affairs (2002)」。

| EDIT

インファナル・アフェア
(原題:無間道 英題:Infernal Affairs アンドリュー・ラウ、アラン・マック監督 2003年、香港

【インファナルアフェア2】


香港マフィアの検挙をねらい潜入捜査官としてマフィアに入り込むヤンと、
そのマフィアから警察に潜入するラウの物語。

ヤンは正真正銘の警官なのだが、彼が潜入捜査官としてマフィアにもぐりこんでいることは、
警察内部でもごくごく限られた人物しか、把握していないので、
マフィアの一員として絶えず警察に追われている。
組織のボスからも、疑われているようないないような 妙な謎かけやゆさぶりをかけられ
真綿で首をしめられるような思いに日々苦悩している、かわいそうな男だ。
一方のラウは、もともと仕事ができるのか警察で順調に出世し、周囲からの信頼も厚い。
ヤンに比べるとあまり、悩んでいるようなようすはないのだが、
彼を警察官と信じ、愛情をよせてくれる恋人との、幸せな生活に心が動いたか、
組織を裏切りこのまま警官の身分でいつづけよう(善人になろう)と考え始める。
もしほんとうに組織を裏切るとすれば間違いなく命がけだ。
彼らは、自分の本来の居場所とは対極の世界に、なんと10年間も身をやつして生活し、
それぞれのつとめを果たそうと、していたはずなのだが・・・。



大好きすぎる映画。
こういう雰囲気は他の国ではまず出せないと思うし
香港でないと撮れなかったろう。

物語の中での、「善悪」の区別のされ方が、たいへん単純であることに
「外国だなあーーー」と思わされる。
香港の人が単純とかそんなことを言いたいのでは決してない。そうじゃない。
ただ、あんまりそのへんについて 深くつっこもうとしていないところに
特徴を感じるというのかなあ。
あと、ところどころ、もうちょっと本気でやれよとおもうくらい、
うさんくさーーーーい演技をしてる役者さんがいたりとか
全体的にバッタモン臭がプンプンしているところとかも
わたしには抗しがたい魅力におもえる。


中国製、香港製の映画で 80年代、90年代のものを観たりしていると
あまりの意味わからなさ、こう言っちゃなんだがつくりの雑さ、てんでなってなさ加減に
かなり頻繁に びっくりさせられる。(日本映画だって古いと似たようなもんだろうが・・)
うんと古いほうからできるだけ順々に観ていっても
93年、95年とか そうそう昔ともいえないような頃に作られた映画すら
観ていてちっとも なにをやっているんだか理解できなかったりする。
なにをやっているのか理解できない、としか言いようがない。理解できんのだ。
隣の国だというのに、どうしてこんなに感性が違うのか、
同じことを描写するにもやり方が違うのかと
つくづく不思議に思わされる。
なんか、おもしろいし、スキはスキなんだが(^_^)

しかし97年の「センチュリー・オブ・ザ・ドラゴン」(これもアンディ・ラウ出てるが)を
観たとき、やっと
「何をやっているのか意味が理解できる香港映画」に出会えた、と感じた。

2000年代になってくるとさらに飛躍的におもしろくなってきて
インファナルアフェアはもうほんと 現代劇でいわゆる香港ノワールでは一番といっていいと思う。


いやー トニー・レオンいいよ。面構えがスキ。


COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。