「アヒルと鴨のコインロッカー (2007)」。

| EDIT

アヒルと鴨のコインロッカー
(中村義洋監督、2007年、日本)

【アヒルと鴨のコインロッカー】


うまいなーとおもった。観てよかった。

原作は、つい、サラッと読んでしまって、
見たかんじのイメージとか どれだけのことかとか わからないままにしていたので
本作でいろいろと、見たかんじの「答え」を知ることになり、
こういうことだったのか!とかなり衝撃をうけた。

瑛太がすごくよかった・・・ 松田龍平もよかったけれど。 

いろんな事情で、何年もおきざりにされてしまう、苦しい情念や悲しみというものが、人間にはある。
何かのきっかけでそれらが目を覚まし、
正しくもういちど葬送してもらえるようになるまでの物語を、伊坂幸太郎はうまく書くよなあ。 

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。