「雲のむこう、約束の場所 -The place promised in our early days- (2004)」。

| EDIT

雲のむこう、約束の場所  -The place promised in our early days-」
新海誠監督、2004年、日本)

【雲のむこう、約束の場所】



疲れて帰ってきて、なんにもする気がないけどなんかこう
パソコンなんか開いて、適当に音楽をかけてみたり、なにかの映像を観たりしたいとき、
たいてい、それほど重厚な内容じゃなさそうな、外国のモノクロ映画を観たり
ぜんぜん予備知識のないアニメーションを観たり しているので、
その意味でも、わたしにとってGyao!は強い味方だ。

きょうも、そんなふうにしようとおもってGyao!を開いたら、
新海誠監督のアニメーション作品の特集が組まれていた。

新海誠監督のアニメーションのことを わたしはまったくなにも知らなかったのだが、
今度公開されるという新作「言の葉の庭」の予告動画を観て、その美しさに圧倒されてしまった。
「言の葉の庭」は必ず観に行くと心に決めて、
まずは新海誠監督のアニメについてもうちょっと知るために、
彼の作品のひとつである「雲のむこう、約束の場所」を観てみることにした。




すこし前の日本、というふうに見えるのだが、
科学技術などはめったやたらに発達していることが、しばらく観ているとわかるので、まあ、未来。
だが、べつの世界の、べつの日本の、「いうなれば未来」。

「1996年」、北海道は「ユニオン」なる団体に占領され、「蝦夷」と名前を変えていた。
ユニオンは蝦夷に「塔」と呼ばれる謎の超高層タワーを建てている。
なんの目的で建てられたものなのか一切わからないため、
その存在はアメリカとユニオンの間に軍事的緊張をもたらしていた。

青森に住む中学生のヒロキとタクヤは、津軽海峡の向こうにそびえる「塔」にあこがれ、
飛行機を自力で組み立て、完成したらそれで塔まで飛ぼうと、語り合っていた。
2人は同級生のサユリに恋心を抱いており、塔までいっしょに行くことをサユリと約束。
しかし、サユリは2人の前から突然、姿を消してしまう。
ヒロキは東京、タクヤは地元の高校へそれぞれ進学し、
喪失感を埋めようともがくように日々を送る生活が続いた。
3年後の「1999年」、ユニオンとアメリカの緊張が深刻化、「塔」の秘密が徐々に明かされつつあった。
一方、サユリは、3年もの間、原因不明のまま眠りつづけ、東京の病院へ入院していた・・・・。


ユニオンてなんだ!塔ってなんだ!蝦夷ってなんだ!サユリと塔の関係って結局なんだ!
なんでヒロキとタクヤは飛行機を作ったりする超高度な知識と技術をふつうに持っているんだ!
などなどなどなどなどなど
わからないことがたくさん、あるのだが、
どれも、映画では説明されないので、わからない。

わたしがこの映画から感じたのは
なつかしいような、残酷といってもいいくらいの映像美と
最後の、サユリの「消えちゃった」というセリフの、痛みだった。




COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。