「まほろ駅前多田便利軒 (2011)」。

| EDIT

まほろ駅前多田便利軒
(大森立嗣監督、2011年、日本)

【まほろ駅前多田便利軒】

 
町田だらけだった。
町田だなあーーーという気持ちになるであろうことが、イヤだったし
町田だなあーというその気持ちが たぶん自分には 
あまり、快くないだろうな、という気がしていたので(町田が嫌いなわけではないけど。)
今まで観る気になれなかった映画だったが、
 
町田だなあーと思っても、意外とそんなに、イヤではなかった。
版画美術館の裏手とか、自分が好きな場所がでてきて、よかった。
 

松田龍平もさることながら 瑛太がよかった。
イイにせよ悪いにせよ 瑛太について何かを思ったことがいままで一度もなかった。
この映画では、とてもよかった。
頼もしかった。ダサかった。そして共感できた。

高良健吾、ちょっとしか出ていなかったが、ものすごく存在感があった。
ああいう 見た目がきれいで中身が腐っている男を 演じるのがうまい。

全体的にもうすこし、メッセージ性やストーリー性が薄い方が わたしはよかった。

メインキャラクターのその後、みたいなのが流れた、エンディング、
あれは要らなかった。 一部、無理があった。
ああいうのを入れたほうがいいと思った、作り手側の心情はわからなくもない。
でも、「とりあえずみんな笑ってればいいか」みたいなのは どうかとおもう。

多田の笑顔は 観られてよかったなとおもったけど(^^)

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。