「人のセックスを笑うな(2008)」。

| EDIT

人のセックスを笑うな
(井口奈巳監督、2008年、日本)

【人のセックスを笑うな】



もしこの世の中に存在する映画のすべてが、
「ワイルドスピード」とか「ダイハード」みたいなのばっかりだったら、
人生 気の休まるときがない。

観る気はないけどなんとなく観たいとき 観るともなしにダラダラ観られる映画も必要だ。

それにしても恋心ってのはまったく 一種の異常事態だなとおもった。
だれしも 恋をすると程度の差こそあれ 全くわけのわからぬ行動を とってしまう。 
まわりから見たら滑稽であり、狂気のさたであり、すごく気持ち悪かったり
いらいらしたりするんだけど 
まあ・・・ 
自分だって なにかしら やってる。 お互い様ってもんなんだろう。
自分のことを外側から見ることが できてしまう人は 苦しい。
わかっていながら 止められなくて悩むから。

蒼井優ちゃんはカワイかった。だが 大きな声を出すと品がなくてガッカリした。

お皿に出されたお菓子をひとりでほぼ全部食べてしまうシーンはよかった。
彼女の心が溺れかかっていることがよく伝わってきた。

【人のセックスを笑うな バス停】


バス停のシーンもよかった。





COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。