「TAJOMARU (2009)」。

| EDIT

TAJOMARU」(中野裕之監督、2009年、日本)

【TAJOMARU】


観てみた。

時は乱世、代々、管領職(幕府のナンバー2にあたる役職)を任ぜられてきた畠山家。
次男坊の直光は、あとつぎは当然、兄・信綱であり、自分は兄の補佐をすればいいんだと
幼いころから信じ込み、のんきな部屋住み暮らし。
多少、たいくつではあるようだが、何不自由ないセレブライフだ。
大納言家の娘・阿古姫は幼なじみで、直光とは恋人同士。
信綱・直光・阿古姫はきょうだいのように仲良く育つ。
屋敷に盗みに入って捕まった少年を気に入った直光は、彼に桜丸と名付けてめしかかえ、
仲良し3人組に、桜丸も加わることとなった。
4人が成人したころ、阿古姫の父・大納言が死去。
将軍・足利義政が「阿古姫と結婚し大納言家の財産を受け継いだ者を管領職にする」と言いだす。
世襲のルールにのっとれば 阿古姫と結婚なんてしなくても当然信綱があとつぎだし
阿古姫は直光とすでに婚約しているのに、
それは将軍の知ったことではないらしい。
しかし阿古姫の心は直光のもとにある。
にわかに立場があぶなっかしくなって、あせった信綱は
桜丸にそそのかされ阿古姫を手ごめにしてしまう。
じつは桜丸は状況に便乗して畠山家乗っ取り、大納言家の財産横取りをたくらんでいたのだ。
桜丸の陰謀で畠山家を追われた直光は、阿古姫と山中へ逃げ込むが、盗賊・多襄丸に襲われる。
こうなったのもすべて直光のせいと憎悪をぶつけて立ち去る阿古姫に、ボーゼンの直光。
彼は阿古姫を追おうとした多襄丸を殺してしまい、心ならずも多襄丸の名を受け継ぐことになる。

・・・うーーーん 素材はとてもいいのだけど・・

もっと全体的に、なんとかできたんじゃなかろうか。

おもしろくなーーーーーーい、時代ものの2時間ドラマか舞台劇を観ているようだった。

映画を観ているかんじがしなかった。

セリフがダサかった。しゃべり方、あんなふうじゃなくてもよかったのでは・・

小栗旬が演技をしているところを観たのは、これが初めて。
いいんじゃない、とっても。かっこいいし。
(あんまり興味ないけど・・。)

松方弘樹が強烈。短い出番だったのに、小栗旬を完全に喰っていた。

芥川龍之介の「藪の中」を たしかにうまく使ったストーリーだった。
なるほどあの小説の、書かれていないところ、行間にあるものまで、もしすべて言語化したら
こういう解釈も たしかにできるだろう。

直光と阿古姫は気の毒だった。とくに阿古姫は・・

けど桜丸も、おもえば気の毒な男だった。

直光が、桜丸やまわりの者たちに向けた、底なしの親切、愛情、信頼は、
「持てる者」の、おごりと余裕にもとづいていた、と言っていいとおもう。

直光はとことんまでイイやつなんだけど、
「無欲。なぜなら何もかも持ってるから」という
彼の生まれながらのボンボン体質が

桜丸には、むかついてしょうがなかったんだろうな。
でもそんな桜丸が、何を求めたかと言えば
地球という全体的な枠から見たら消しゴムのカス以下のちっぽけなものに過ぎず、
しかもそれを得たところで 自分が死んだらあとには何も残らないではないか。

それを 地をはいつくばって 人を何人も殺して みんなに嫌われてまで、得ようとしたのだ。

人間ってほんとにおろかだね、っていうかんじだった。

ちっちゃい狭いところに自分を閉じ込めちゃいけませんね。
「それがすべて」みたいになってしまうと せっぱつまったときに、マズイことになる。

・・・なんて、いろいろ考えちゃったりしているから

この映画、案外、よかったのかもしれない(^_^)!

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。