「ライフ いのちをつなぐ物語 One Life (2011)」。

| EDIT

「ライフ いのちをつなぐ物語」
(原題:One Life マイケル・ガントン監督、2011年、英)

【ライフ】


Gyao!で観てみた。
まあまあってかんじだった。ネイチャードキュメンタリーものの映画では
あれがいまのところ一番好き。「WATARIDORI」。
あと「ディープブルー」。このふたつはものすごく印象に残っている。

紹介されていた動物たちの生きざまがどうこうと言いたいわけじゃない。
彼らはただ、生きているだけだ。一生懸命、でもなく 頑張って、でもなく
ただ、彼らは生きているだけだ。
それをどうこう言えるわけがない。
知らなかったこともいっぱいあって、感心させられた場面は多かった。
とくにコモドオオトカゲのくだりとか、小指の爪の先ほどの大きさもないカエルのとことか。

映像もむちゃくちゃきれいだったし・・

どうというわけじゃないのだが、
ただなんか、映画が、わざとらしかった。
「愛」とかなんとか、そんなことをわざわざ言ってほしくなかった。

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。