| EDIT

きょうの読売新聞の、東日本大震災の特集記事の中で
だいじなご家族などを津波等で亡くされた方々が、
亡き人にみじかいメッセージをよせた、見開きページがあり

これには正直なところ胸をうたれた。たまらないものがあった。

あまりこまかく書くことでもないが
自分をかえりみて、すごくいろいろ、考えさせられた。

傷ついた心たちと いまもさまよっている魂たちに
いつか安らぎがおとずれるよう祈っている。

震災発生時刻にだいたい合わせて、黙祷をやってみた。
自分の時間を、まっさらな気持ちで他者に捧げるって
なかなかやらないことのような気がするが
ときにとても必要なことであるとおもう。

Category: 雑記 | Tag: 津波 東日本大震災

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。